向精神薬の(副)作用は自傷や自殺だけでなく他害、事件も多い。

「死刑になって死にたいから、殺す」拡大自殺の実行者と車を暴走させる高齢者…その背景にある恐るべき真実 薬物の副作用で人はおかしくなる | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

精神科医の和田秀樹氏は、「薬の副作用が一因となって自分や人を傷つけようとしたり、体は起きているが寝とぼけた状態になって車を暴走させたりすることがある。警察やメディアは容疑者などが日頃飲んでいる薬を調べるべき。また、コロナワクチン接種後の死亡者を巡ってもワクチンの副作用・副反応との関係などをもっと開示するべきだ」という

和田春樹は精神科医と言うよりも受験の専門家だけあって時々まともなことを言う。

新型抗うつ剤 SSRIの賦活化症候群(アクチベーション・シンドローム)による自殺などは既に多くの人に知られているが、薬の作用には自傷だけでなく他害もあることはあまり知られていない。

最近だと、電車内の放火事件や同居の親族に対する放火殺人事件とか、車でバス停に突っ込むといった事件はおそらく向精神薬をやっている可能性が高い。

鬼束ちひろの救急車蹴っ飛ばし事件などの奇行も、違法薬物は検出されなかったようだが、まず間違いなく向精神薬の影響があるはずである。
松田沙也加の自殺においてもしかり。ある程度の期間、服薬すると止めるのも危険である。

かつて麻薬・覚せい剤などの使用者による犯罪が多かったが、今は処方薬(向精神薬)の服用者の犯罪が多い。それは警察の人も認めていた。

米国で時々起こる銃乱射事件の犯人の殆どは向精神薬服用者である。


※追伸
ここでも精神科医にしては割にまともなことを言ってる。

東大医学部卒・和田秀樹「私が偏差値の高い子に東大医学部をお勧めしないこれだけの理由」

東大医学部卒・和田秀樹「私が偏差値の高い子に東大医学部をお勧めしないこれだけの理由」(プレジデントオンライン) – Yahoo!ニュース