神奈川県座間市、9人殺害事件、死体遺棄容疑で男逮捕、被害者とは自殺サイトで

神奈川県座間市、9人殺害事件、死体遺棄容疑で男逮捕、被害者とは自殺サイトで関係
『アパートに9人分の頭部 死体遺棄容疑で男逮捕 神奈川』
2017年10月31日10時45分
 神奈川県座間市緑ケ丘6丁目のアパート一室で、切断された2人の頭部が見つかった事件で、警視庁は31日、新たに7人の頭部を発見した。捜査関係者が明らかにした。同庁は、このうち1人の遺体を遺棄したとして、この部屋に住む白石隆浩容疑者(27)を死体遺棄の疑いで逮捕した。
 捜査1課によると、白石容疑者は今月下旬、自宅の玄関に置いたクーラーボックス内に性別不明の頭部を放置した疑いが持たれている。室内からは他にも大型の箱が複数あり、同課が中を確認したところ、他にも切断された遺体が見つかった。
 同課は、このうちの1人は行方不明になっている東京都八王子市の女性(23)の可能性があるとみて、身元の確認を進めている。女性は21日から家族と連絡が取れなくなり、24日に女性の兄が「妹と連絡がとれない」と高尾署に届け出た。同署などが女性の行方を捜していたところ、女性とインターネットの自殺サイトでやりとりをしていた白石容疑者が浮上。30日夕、白石容疑者の部屋で遺体の一部を見つけた。
■事件の経緯
<21日午後6時半ごろ>
女性が自宅で職場の職員と面会
<23日>
JR八王子駅と小田急線相武台前駅の防犯カメラに女性が白石容疑者とみられる男と一緒にいる姿が映る
<24日>
女性の兄が警視庁高尾署に行方不明者届を出す
<30日午後4時半ごろ>
警視庁が神奈川県座間市の白石容疑者のアパートで2人分の頭部を発見
<31日午前>
白石容疑者のアパートで計9人分の遺体が見つかったことが明らかに。警視庁が白石容疑者を逮捕
朝日新聞デジタル

似たような事件は10年かそこら前にもあったが、このような事件は今後も増えるものと思われる。相模原市の植松聖による障害者施設19人殺害事件も基本的には同じ。
被害者のうち、全員ではないかもしれないが、殆どの人が精神医療受診者、向精神薬服用者であろう。薬の影響が全くないとは考えにくい事件である。やはり全員ではないにしても、殆どの人が精神医療に対する絶望・失望が自殺願望の要因になっているはずである。
根本的には幼児期からのトラウマと現在のストレスが自殺願望の要因であるが。そこを何とかするのが精神医療の役割だが、何にもできないどころかむしろ有害。向精神薬による薬物療法や電気ショックECTや磁器刺激、その他の「治療法」は当初は効果があるかのように見えても、長期的には当然悪化する。
抗うつ剤SSRIによる賦活化症候群・アクチベーション・シンドロームによる自殺などの衝動行為はよく知られるようになったが、この場合は死にたいとも思っていない人が電車に飛び込んだり、マンションからルンルン気分で飛び降りたりして、自殺するこが多かった。これは2012年以降少しずつ減ってはいるが、向精神薬の影響で余計に悪化して、自殺念慮、自殺願望を持つ人は急速に増えている。
殆どの医者は(一般の人も)まだ知らないが、向精神薬中毒死が今はとてつもない勢いで増えている。向精神薬を10年、15年と服用している人が重積して増えているからである。
死にたい人の願望を実現するために手伝っているんだから、悪いことではないしにしても罪は軽いんじゃないかなんて思う人もいるかもしれない。精神医療の現状を知ると尚のこと、実際に、死ぬことに援助した方が…なんて思えてしまうかも。
しかし自殺願望の強い人が本当に自殺したいかどうかは、当人にも周囲の人にもわからない。少し時間が経ったり、何かのきっかけで気が変わることは多い。しかしやはり精神疾患(PTSD心的外傷後ストレス障害)を治さないと、自殺願望も繰り返し激しく起こってくる。被害者は若い女性が多いようだが、既に何度もその体験を繰り返しているはずである。
(アクチベーション・シンドロームではなく)実際に自殺した人には、死にたいという思いや意図があったのは間違いないだろうが、だからと言ってもちろんそれが全てではない。少なくとも無意識的には死にたくない、助かりたいという気があるのも間違いなく確かなことである。
「絶望ノ虚妄ナルハ希望ト相同ジナリ」 魯迅
本来、基本的には大量殺人は不可能、とは言えないまでも極めて起こり難いことである。
殺人は感情転移によっておこるものであり、同態復讐「目には目を歯には歯を」が基本であり、それ以上の反撃しようという欲動は起こらないためできないのである。虐待加害者は基本的に親もしくは近親者である。
アメリカなどで銃乱射事件が起こっているが、1人もしくは2人以上殺せることは、いくら凶悪犯罪者であっても基本的にはできないはずで、物理的には可能でもピストルの引金を引くのは人間であるゆえ、撃とうとしても無意識に指が硬直したり麻痺したりで動かなくなる。
しかし、現実に何人あるいは何十人の殺人事件が起こるのは、脳が薬物等により誤動作を起こしているからで、実際にアメリカの銃による大量殺人事件は、ほぼすべて抗うつ剤SSRI等、向精神薬服薬者(麻薬・覚せい剤も同類)の作用によることが知られている。
永山則夫のように4人も殺したのは、虐待加害者が親だけではなく兄弟やその他にも及ぶ多数であったからで、被害者多数の殺人事件も全て基本的には同様である。先祖代々からの恨み憎しみなどが重積している場合もあるが。
永山自身も当初の裁判では、自分の殺人の原因は貧困による無知であり社会問題だと主張していたが、死刑囚となってからは「私の殺人の原因がもしあるとすれば肉親への恨みだ」と述べている。

『私の花』 詞:永山則夫 曲:友川かずき
間違いなく今回の事件の加害者も被害者も虐待被害者である。暴力・遺棄などのいわゆる虐待の範疇には含まれない精神的虐待も含むとするならば。
自転車事故を起こして引退した元自民党幹事長、谷垣禎一氏も法務大臣の時、死刑執行のサインをする際、こんな良い家庭に育って何で犯罪者になんかなったんだ、と思えるような死刑囚は一人もいなかった、と述べている。
精神的に問題のあるPTSDの患者さん自身もまた犯罪被害者、または被害によるPTSDになりやすい。あらゆるPTSDは複雑性PTSDだとも言える。
殺人も自殺もベクトルの方向が異なるが、基本的にはネガティブな心性は同質である。攻撃、処罰感情や欲動が自己に向くか、他者に向けられるかの違い。自殺者は自己転移性の精神疾患である。
今回の場合は被害者の自殺願望に加害者も感応し、相互的な精神病理現象も起こっているはずで、1人殺したらまたさらに病理性は強化され悪循環となり展開してしまう。こうした場合、薬物服用者でなくても大量殺人はありうる。
殺人犯には必ず投影的同一視があり、すなわち自分の生命・人生が生きる値するものではないので、他者の人生や生命も同様と思い込んでしまう。他者に自殺願望があった場合には尚のこと、この現象による相互的もしくは集団精神病理現象は起こりやすい。繰り返すが、幼児期からのトラウマ、心的外傷が原因であることは言うまでもない。
先ほど述べたように、過去の虐待・トラウマのない所に犯罪は起こらないが、報復することが良いことでも許されることでももちろんない。いくらひどい目に合わされたからといって、人を害する権利など誰にもないのだ。
犯罪が不当であり不合理なのは、先ほど述べたように感情転移によるものであり、相手も時期も時間も錯覚して(無意識に転移して)「報復」するからである。
現代社会では報復は許されないが、被害者は本来の報復したい対象でさえ、無いのだ。
要するに感情転移であるがゆえ、報復感情・行為が(親など)虐待加害者に向けられるのではなく、転移した相手に向けられ、時間も過去(主に幼児期)に戻ることはできないので、「現在(犯行時)」に転移するのである。
「金銭やわいせつ目的だった」と言うのは加害者の主観的理由であり、本質的な理由ではない。殺人の原因は、感情転移が本質であるが、このことは無意識に起こるので加害者本人も自覚していないのである。9人もの遺体を隠し通せるわけないことは、もちろん本人にだってわかっていたはずである。
金銭と言ってもいくらも取れるわけでもないし、金に困っていたわけでもなさうそうだ。レイプやわいせつ事件の本質は性的欲求ではなく、暴力による見当違いの報復であり、動因は飢えて歪んだ無意識の抑圧された愛情欲求である。
短期間に9人の殺人とは犯罪史上でも希な事件である。しかし10年、20年とやっている精神科医の殆どは、抗うつ剤等による賦活化症候群・アクチベーションシンドロームによる自殺や向精神薬薬物中毒で、はるかに多数の患者を死に至らしめている。特に後者はここ数年でも劇的に増えており、これからも増え続ける。
このブログでは精神医療過誤と称してはいるが、立件可能かどうはともかく実質殺人ではなくとも傷害致死であり、ハッキリ言えば薬物による毒殺である。
当初からわかりきっていたことであり、我々も再三警告してきたのだから、もちろん過失ではない。
被害者に自殺願望、自殺念慮があるから殺してあげた、のか?!精神科医と、この事件の加害者、白石隆浩のやってることは相似である。
彼は(病んでいる若い女性に)とてもやさしく、悩み事を真剣に聞いてくれた、という評判である。おそらく無自覚であろうが、彼もまた精神科医や心理カウンセラーの真似をしていたのである。
--------------------
「殺人を 犯したいなら その昔 誰かにされた 苦しみ語れ」(自殺願望も同様)
こうした事件を防ぐには、どうすれば良いのかは明確である。
刑罰の強化は全くではないが犯罪抑止にはつながらない。犯罪者とくに「凶悪犯」はむしろ無意識の無意識の自己処罰欲求が強いからだ。
「心の闇」などと言ったいい加減な言葉でごまかしたり、「猟奇的、快楽殺人」などと分かったような気になっても無意味で思考停止に陥るだけである。
すべての精神疾患は心的外傷後ストレス障害PTSDであり、原因はトラウマ・心的外傷であることを理解しなければならない。
眼を覚ませ闇を照らし、無意識の心的現象、精神病理を理解することが必要だ。
精神疾患=脳の病気と考える精神科医にはこれは難しい、というより無理だろう。間違った前提に固執し、そこから出発しても、間違った方向にしか進まない。むしろ患者や一般人の方が率先して正しく考え実践していくしかない。
「精神科医療批判は国民の義務」「うつ病はもはや医原病」井原裕(精神科医)獨協大学越谷病院
今回の事件についても精神科医や臨床心理士、心理カウンセラーなどのコメントがメディアに出てくるだろうが、素人以上のものでもないことは皆さんもご存知の通り。
こんな事件が起こらないように、犯罪を犯す可能性のあるヤツは拘束しろ、なんて考える人もいるだろう。もちろん人権問題もあるが、そんな判定・判断など精神科は不可能。
措置入院させたところで、もちろん治療や矯正指導ができるわけではない。相模原市障害者施設19人殺害事件の植松聖が示す通り。
犯罪(予備)者に内省を期待する前に、一般の人も精神病理に対する内省的理解が必要だ。
「罪を憎んで人を憎まず」 「善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」
昔の人の方が理解できていたのかもしれない。
有害精神医療(向精神薬を服用させるだけ)を止めること。これを許さないこと。
精神科医自ら止められないなら、患者が止めるしかない。(急激に断薬するのは危険性もあるので注意!念のため)
精神医療過誤・向精神薬害の拡大にもかかわらず、殆どの人がそれに気づいていない現状は、このような殺人事件が起こりやすい背景にもなっている。
正しい治療を実践すること、受けること、広めること。
これらは可能なことであり、実効性が高いことは言うまでもない。時期は迫っている。

--------------------

トップページ


個人に対する施療指導、相談にも応じています。
タイトルロゴ01.png

2017-10-31 | カテゴリー : 事件 | タグ : , | 投稿者 : Raphael Takeda

立憲民主党、菅直人(元総理大臣)さんの奥様と話した。(精神医療過誤・向精神薬害を訴える)

菅直人(元総理大臣)さんの奥様とお話ししました。(精神医療過誤・向精神薬害を訴える)
安部総理大臣の理由なき解散のおかげで、衆議院総選挙が行われることになり、選挙活動が始まっています。投票日は今度の日曜日かな?
私は大学は政治学科なので政治学士ということになりますが、政治には特に現実政治には昔から全くと言っていいほど関心がありません。最近はネットでニュースなんかも見てるので少しは情報が入りますが。
精神医療の仕事に生涯をささげようと決めた二十代の半ばからは、むしろ関心を持たないことにした。政治と精神医療とは全く関係がないわけではないけど、むしろ関りを持たない方がいいと思ったので。実際に関心もなくなり、選挙ももう30年は行っていない。
奥様とは知り合いでも何でもなく、買い物に行くので商店街を自転車で走っていたら、立憲民主党の選挙カーが来ており、「今日は菅直人の奥様も一緒にお願いに来ています」と言うので車の中にいるのかと思ったら…
赤信号で停まっていたら、年輩のご婦人が向こうから話しかけてきた。菅直人氏の名刺をもって「よろしくお願いします」って。「奥様ですか?」と聞くと、そうだということなのでお話しした、というより一方的にまくし立ててしまった。
話した内容は以下のようなこと。
--------------------
今の日本で一番の大きくて重要な問題は何だと思いますか?
私は医療問題、その中で特に精神医療過誤・向精神薬害の問題だと思います。前世紀の終わりに「うつ病キャンペーン」が盛んに行われ、そのため重症でも無い人が心療内科、精神科を受診し、服薬するようになった。患者が増えたのではなく、受診者が増えたのである。
その結果、自殺者は約2倍の3万人台に膨れ上がり、電車の飛び込み等も増えた。これは主には新型抗うつ剤SSRIの作用による、アクチベーション・シンドローム(賦活化症候群)の衝動行為である。とりわけ日本ではパキシルの売り上げが急激に増え、一時は精神科患者の殆どと言っても良いほどの人が服用していた。
アメリカではすでにそのようなことは問題になっており、SSRIは自殺だけでなく銃乱射事件などの衝動行為を引き起こし、かの国は訴訟社会なので訴訟も頻出した。そんなの製薬会社にとって痛くも痒くもないが、せっかく巨額の開発費をかけて作った新型抗うつ剤SSRIが売りにくくなり、販路を求めて日本に売り込んできた。
これに乗じた精神科医に動かされて、危険性を危惧して比較的慎重だった日本の厚労省等お役所も新型抗うつ剤SSRIを認可し、NHKなどもこれに乗じて製薬会社や病院の宣伝を盛んに行い、「うつ病キャンペーン」盛んに行われた。これは「史上最も成功したマーケッティングの勝利」である。「うつ病は真面目で良い人がなる」、など聞こえも良かった。
その結果、上述の通り自殺者の爆発的増加。患者は治るどころかますます悪化し、傷病手当、障害年金、生活保護などの社会保障費も大幅に増加してしまった。老人を支えるはずの若年~中年の人が保障を受ける側になってしまった。
2012年頃から徐々に自殺者は減少し、2万人台になった。1.5万人程度でやっと元の木阿弥、精神医療の成果があったというならば多くとも1万人以下にならなければ。
これは主に我々がネットなどで向精神薬の危険性を訴え、患者の一部には知られるようになり、ようやく精神科医も知ることになり、実際に自殺者などが多かったことに精神科医も気づいてビビった結果、新型抗うつ剤SSRI、とくにパキシルの売り上げが大幅に減ったためである。
既に多くの自殺者を出してしまったため、潜在的自殺予備群が縮小したということもある。自殺した人が生き返って再び自殺するなんてことはありえない。
向精神薬の多剤乱用にもようく規制がかかることになってきた。少しずつ自殺者は減っては行くだろう。したがってこの問題はもはや大きなことではない。
では大きな問題とは何か?薬物中毒死である。
前世紀の終わりには数万人程度だった不審死が、20万人をとっくに超えて、もはや30万人以上になろうとしている。もちろん老人の孤独死なども増えてはいるが、そんなに増えているわけではない。むしろ若い人~中年の不審死が増えているである。
この不審死者のうち、どのくらいかは調べようもないが(統計をとる必要があるがそのようなことは誰れもしない)、おそらく少なめに見ても半分以上は向精神薬服用者であるはず。芸能人、有名人もそのような人が何人も出ている。警察の人に聞いたことがあるが、やはり向精神薬服薬者は多いとは言ってた。
先日も私の昔の同級生が薬物中毒死した。年賀状だけやりとりしていた別な同級生から電話があり「〇〇ちゃんが亡くなったんだよね」えっ!何で?「よくわからないけど寝ていてずっと起きてこないので、旦那さんが心配して見に行ったら死んでたらしい」
そんなのすぐにわかる。「そりゃ、うつ病とか称して向精神薬を服用していたんじゃないか?」当然だがやっぱりそうだと言う。あまり薬は飲まない方が…と窘めてはてたらしいけど。
こっちはすぐわかるが警察や医者はもちろんわからない。当然まず疑われるのはご主人である。数日間、自宅からは追い出されて、ビジネスホテルから警察で取り調べ。遺体はもちろん強制的に司法解剖であるが、解剖したってもちろん医者が何かわかるわけではない。トリカブトだのヒ素だのは検出されず、一応ご主人の嫌疑は晴れたが。
しかしやはり毒殺である。毒殺したのは精神科医であると言えるが、当人は「今かかっている病院の先生はやさしくて話もよく聞いてくれる」と尊敬、もしくは好感を持っていたらしい。
病院を受診したのも服薬したのも最終的には本人の意思だから、緩慢な自殺ともいえる。
こんな話、もちろんいくらでも聞いている。不審死、年間約30万人のうち、どんなに少なく見積もっても数万人、もしかすると十万人以上は向精神薬による薬物中毒死である。飯島愛や大原麗子のように、直接的ではないがも最も大きな要因が向精神薬、と言う人も含めると確実に十万人は超えている。
北朝鮮からミサイルをぶち込まれても、そんなに多くの人が死ぬわけではないし(もちろん核や細菌兵器などで多くの人が亡くなる可能性はありうるが)交通事故なんて死亡者は年間数千人だし、他の医療過誤も問題であるがこれに比べれば取るに足らないはずである。
精神医療過誤・向精神薬害に取り組んでもらえれば、大して金もかからず効果は大きいはずで、もちろん健康保険料や税金、社会保障費も大幅に減らすことができる。もちろん国民の生命も守られ健康増進につながる。取り合えず超悪質精神医療だけでも無くなれば…
また、既に問題は「うつ病」ではない。子供を発達障害扱いし、コンサータ、ストラテラなどの向精神薬(覚せい剤)を飲ませて脳を破壊しまくっている。(最初は良く効くんだけどね、覚せい剤だから当たり前)日本におけるアヘン戦争はとっくに始まっている。
--------------------
こんな話を一方的にまくし立ててしまったが、菅直人氏の奥様の関係者にも、うつ病と称してずっと病院に通っている人がいるという。担当の精神科医は「なるべく薬は少なくしていきましょう」と言ってくれているということであったが、もちろん少量でも長期になると超危ない。要するに麻薬・覚せい剤の類だから、多いよりは少ないに越したことはないけど、最初から飲まないのが一番良いと言っておいた。
話が長く一方的にまくし立ててしまたったためか、他の選挙活動家も割って入ってきたので「精神医療過誤・向精神薬害問題に取り組んでください!ご主人の菅直人さんや枝野幸男代表、他の党員・議員の方にもお伝えください。そうしてくれるなら私もこの際、立憲民主党に大いに期待します!
と言ったら、奥様も他の応援員の方も頷いて、「わかりました。ありがとうございます」と腰の下まで頭を下げて、大きな声でお礼を言ってくれた。話は通じたはずだが、わかりましたといっても「お前が言いたいことはわかった(けど何もしない)」(政治家の常套句)なのかどうかはわからない。
私は「期待します!」と大きな声でハッキリ伝えたが、支持しますとは言っていない。もちろん精神医療問題に取り組んでくれるなら大いに支持する。立憲民主党ではなく、自民党でも共産党でもこの問題に取り組んでくれたら大いに支持する。
期待していいかどうかわからないけど、偶然にも向精神薬害・精神医療過誤のことを伝える機会に巡りあえたことは私にとっては幸機であり、ここに皆さんにもお伝えする次第であります。
※追記
前述のように私は政治には関心がなかったのでよく知らなかったが、ネットなどで調べてみると、菅直人氏は厚生大臣時代に薬害エイズ問題では功績があったらしい。図に乗ったのかO157問題ではズッコケて、総理大臣時代にもいろいろ問題はあったのだと思う。前回も前々回も選挙区では落選し、比例区でかろうじて当選したようだ。
奥様とは従妹同士で奥様は代々医者の家系。要するに菅直人氏は医療問題とは近しい政治家と言えるだろう。
いろいろ問題がある人だとしても、菅直人氏自身の政治哲学であるとされる『最小不幸社会』を目指す熱意だけは信じたい。
やはり敗者復活が許される社会、その機会が得られる社会であってほしい。私の仕事もそのためのものだし、私自身もそのような体験を経ている。
やはり敢えて期待したい!
菅直人、再び立て! 夢と希望をを叫べ! 精神医療過誤・向精神薬害対策を!
すでに20年にも及ぶ大問題であるが、まだ殆どの国民は気づいていない。
これからどんどん拡大するぞ!国が中から潰れていくぞ!
今後は政治家の尻も叩いていくつもり。これはむしろ自分のために。人の尻を叩いて自分が何もしないわけにはいかない。
遠藤賢司 – 夢よ叫べ @ 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA
https://www.youtube.com/watch?v=0IUymAArT14!


不滅の男 / 遠藤賢司

こちらもどうぞ
東京ワッショイー遠藤賢司

遠藤賢司
https://www.youtube.com/watch?v=gAyulG1AQoo

※この記事を出した4日後、2018.10.25に遠藤賢司さんが永眠しました。ご冥福をお祈りします。中学1年の頃、「カレーライス」のギターを一生懸命まねしたけどなかなか弾けなかった。彼の音楽や遺志も引き継いでいきたいと思います。
--------------------

トップページ


個人に対する施療指導、相談にも応じています。
タイトルロゴ01.png